頬のたるみをとる方法

マッサージあれこれ

額に効くマッサージ

額のシワ。

 

 

これも老け顔に見える大きな要素。

 

 

そんな額に効くマッサージを紹介しますね。

 

 

まず、眉山の一番高い部分の真上の筋肉を鍛えます。

 

 

これは額の大きな横シワを薄くし、さらには目元のたるみにも効くんです。

 

 

額の筋肉は、目を大きく開こうとすると目の筋肉と一緒に使われるため、
筋肉が年齢とともにゆるんでくると目元のたるみの原因になっていきます。

 

 

片方ずつ指で押さえて横方向に大きめに皮膚全体を動かすようにして左右10回ずつ。

 

 

そして薄目の状態から目をパッと見開く体操を10回。

 

 

この時には眉山の上の筋肉に指をおいたまま額の上の筋肉を動かさないように
意識すると目元の筋肉のみに効かせることができます。

 

 

これを毎日続けると、あなたの顔は少しずつ老け顔を回避できるようになってくるはず。

ほっぺたのたるみを消すマッサージ

ほうれい線がめだつと見た目年齢があがり老けて見えやすくなります。

 

 

ほうれい線の原因はほほのたるみです。

 

 

ほうれい線とともに口角が下がるので老け顔になりやすくなるだけでなく
イメージも不機嫌なんではというふうに見えるなんてことも起こってきます。

 

 

ほほのたるみのない引き締まった肌とあごのライン、
それにほかの人にいいなって思ってもらえるイメージを手に入れるには、
ほほの筋肉を鍛えましょう。

 

 

その方法をご紹介します。

 

 

左右の頬骨の下のちょっとくぼんだ部分に、
両手で顔を挟むようにして指の腹をしっかりとあてます。

 

それを広げるように横にぐっと左右に10回ずつ動かします。

 

それを少し下にずらして左右10回ずつ。

 

これを1セットで3〜4回繰り返します。

 

 

顔が凝っている人は始めてすぐは筋肉痛のような痛いかな、
という感覚があるかもしれません。

 

 

でも慣れてくれば筋肉も柔軟になり
次第に気持ちいいという感覚になるはずです。

 

 

そしてその頃には、あなたの表情は
とても柔らかく素敵な印象に変わってきているはずですよ。

 

 

今回は、顔のほうれい線に効く筋肉の鍛え方ですが、
顔の他の筋肉も同じように鍛えることができます。

 

 

方法も同じで、指で押さえてこするように刺激すること。

 

 

もし他の部分で気になるところがあるのなら同じようにしてみてください。

 

 

ただ、この時に気をつけなければいけないのは、決してお肌の表面をこすらないこと。

 

 

特に目元はほかの部分より皮膚が薄いので
強く押さえすぎないように、優しく優しく注意してマッサージしてください。