頬のたるみをとる方法

年齢とともに増えるお肌のトラブルのメカニズム

年齢とともに増えるお肌のトラブルのメカニズム

年齢とともにお肌にはシワ、シミ、たるみといった
様々な変化が起こり始めます。

 

 

それらが発生するときにはお肌の内側では
何が起こっているのでしょう?

 

 

そのメカニズムをお教えしましょう。

シワ

お肌は年齢が進むことや紫外線をあびることで肌の弾力を失います。
それは真皮層のコラーゲンやエラスチンという
弾力繊維が減ってきたり変性したりします。

 

健康な肌は真皮層のコラーゲンが結束し、
それをエラスチンが網の目のクッションのように支えています。

 

しかし、老化や紫外線によりコラーゲンが分断され、
エラスチンを変性させる酵素が分泌されるため、シワやたるみが発生してくるのです。

 

 

 

たるみ

たるみも原理はシワと同じです。年齢を重ねることで
コラーゲンやエラスチンが減少・変性して起こります。

 

真皮がコラーゲンなら、接合部分がエラスチン。

 

若い人は新陳代謝が活発なのでどんどん新しく生まれ変わっていくため、
ハリのあるお肌は維持されていきますが、20歳過ぎから
この働きは徐々に衰え始め、生まれ変わりも遅くなってきます。

 

歳は止められないですが、紫外線には注意ができます。

 

シミになりやすいことでよく知られていますが、お肌の老化も
促進してしまいますので、紫外線にはしっかり対策していきましょう。

 

 

シミ

シミの原因はメラニン色素です。
このメラニンは紫外線を浴びることで増加し濃くなっていくのです。

 

具体的な仕組みはこうです。
紫外線を過剰にあびると、角化細胞が肌内部を守ろうとする働きをします。
表皮の最下層の基底層にある色素細胞に向けてメラニン生成指令をだすのです。

 

若いことは肌の新陳代謝が活発だったので、
日焼けしてもしばらくすれば元に戻っていましたよね。

 

普通の新陳代謝であればメラニンは体外に排出されるからです。

 

でも、その肌の仕組みのばらんすが崩れると
メラニンが排出されなくなり、シミになるというわけです。

 

 

くすみ

くすもの原因には様々なものがあるといわれていますが、主な要因は6つです。

 

・メラニンの蓄積:シミと同じメカニズムで起こる
・汚れくすみ:お肌の汚れやメイクがしっかり落ちていないことで起こる
・血行不良くすみ:冷え・運動不足・喫煙などで起こる
・乾燥くすみ:乾燥が原因で紫外線の影響を受けやすことで起こる
・毛穴くすみ:過剰な皮脂分泌で毛穴に汚れがたまって起こる
・老化くすみ:老化により余分に角質が肌表面に薄茶色く溜まることで起こる

 

 

ごわつき

健康な人であれば、28日周期でお肌は新陳代謝を繰り返します。

 

これをターンオーバーといいますが、この周期は
老化やストレスなどによってペースを乱してしまうのです。

 

特に夏には暑さにより過剰な汗や皮脂を分泌され、
それを放置すると角質が皮脂で固められごわつきになります。

 

ターンオーバーが追い付かなくなるこの状態になると
余計な角質がたまりくすみにもなるのです。

 

そしてさらに放置すると角栓になり毛穴の黒ずみに発展してしまうのです。