イオン導入機能とは?

自宅でできるイオン導入とは?毎日やる?その頻度、やり方など。

自宅でできるイオン導入とは?毎日やる?その頻度、やり方など。

イオン導入器で肌に微弱な電流を流し、浸透しづらいビタミンC誘導体やプラセンタなどの美容成分を肌の奥に届けるのがイオン導入です。

 

弱い電流を流すだけなので、痛みや刺激は全くありません。

 

人間の肌の1番表側の角質層はプラスイオンが多く酸性で、その内側の顆粒層は逆にマイナスイオンが多くアルカリ性です。
反発し合って間に電気の膜を作り、この膜が邪魔して美容成分が角質層より先に届きません。

 

自宅でできるイオン導入とは?毎日やる?その頻度、やり方など。

 

イオン導入で肌に電流を流して角質層と顆粒層を中性に傾かせると、2つの層の反発が弱まります。
電気の膜の力も弱くなって美容成分が角質層より先に届きます。

 

また、ビタミンC誘導体はマイナスイオンを帯びているので、マイナスの電流を流すと反発して肌の奥へ押し込まれます。
ビタミンCはメラニンの生成を抑えるので、肌の奥まで浸透させるとソバカスやしみを効果的に防げます。

 

イオン導入での美容成分の浸透力は、手やコットンのみの場合と比べて数十倍です。

 

皮膚科やエステでは特にくすみやシミに効果的とされています。
最近は市販のイオン導入器も販売されていて、皮膚科やエステの機械より威力は下がりますが、効果は確かです。

 

様々なメーカーからイオン導入器が販売されていますが、イオン導入の仕方はほぼ同じです。
コットンに化粧水を含ませてイオン導入器のヘッドに付け、肌に当ててスイッチを入れます。
振動し始めるので、そのまま肌の上を滑らせるだけ。
とっても手軽で簡単です。